店舗解体と内装解体について

解体による勘定科目

解体による勘定科目とは?

店舗解体と内装解体について
マンションや建物の骨組みの事をスケルトンと呼びます。
設備の入れ替えなどの、小さなリフォームではなくて、建物を一度、骨組みだけ残して取り壊し、
内装、設備など全てのものを新しく作り直す、規模の大きいリフォームのことです。
スケルトンリフォームのいいところは、
今までの間取りや設備にとらわれず、新しい間取りや設備に変えることができるところです。
バリアフリーなども気軽にできて、とてもいいリフォームの仕方だと思います。
ですが、完全取り壊しではないので、窓の冊子やドアの位置などの場所は変えられません。
共用部分はリフォームできないのです。
だいたい、スケルトンリフォームをする方は、
現在、家族構成が変わったり、二世帯住宅になって、住んでいる家をリフォームする場合と、中古のマンションや一軒家を購入した際に新しく変えるために行われることが多いです。
こういった場合はリフォームをすることを前提にして購入されることが多いです。
そんな魅力的なスケルトンリフォームですが工事費用あいくらぐらいかかるのでしょうか。
大体の目安は、だいたい、60平方メートルで500万から800万円。70平方メートルで600万から900万です。人それぞれで、建物によって様々です。
オーダーメイドと変わりません。最近はスケルトンリフォームの工事費を定額制にした会社もあります。
スケルトンリフォームは骨組みだけを残すので、全壊よりも手間がかかり、解体料が全壊より高くなることもあるのです。
ですが、小さな設備入れ替えをするより、一気にリフォームしてしまったほうがお得なことがあります。
築年数が古くなった場合、配管もかえどきなので、お勧めです。
ですが、やはり費用は、見えるところも見えないところもリフォームするので、
まとまったお金が必要になると思ったほうがいいでしょう。
そして、費用が高いからと、基礎をおろそかにしてしまうと、出来上がりに不満や不安があるかもしれないので、
思い切って、まとまった費用を出すほうがいいと思います。
こうじきかんはどのくらいかかるのでしょうか。
こちらも、費用と同じでケースバイケースです。基本工事は土曜日日曜日はおやすみという計算にして、
水回りだけなど小さい規模なら、4、5、日などと、規模によって変わります。
大規模な工事をするなら、打ち合わせや、工事日数などがふえるので、2ヶ月ほどかかるでしょう。
工事費用も、工事期間も本当に人それぞれのケースバイケースなのです。

 

店舗解体と内装解体について