店舗解体と内装解体について

最近の投稿

解体工事と単価

木造の建物の解体工事とその単価

店舗解体と内装解体について
古い古民家や一戸建てを店舗や事業所として利用する人が増えてきています。街なかなどの繁華街であっても、こうした古い家や建物が残っていることが多く、物件としては傷みがひどいものであっても、立地などが良好な物件も少なくありません。こうした古い建物の味わいのある外観を活かした店舗などは、特に若い世代の注目を集めており、人気の高い物となっています。

こうした古民家や建築物を活用するためには、そのまま使用することが難しいものが多く、それなりの改装やリフォーム、またはリノベーションといった工事をする必要があります。こうした工事を行う際は、建物に元からある設備をどれだけ利用するかによって、工事の単価に大きく影響してきます。建物内のほとんどの部分を利用し、設備などのみを新規で取り付ける事で、利便性を損ねず、外観や雰囲気を上手く活用するといった方法は様々な業種の店舗で使用されています。

こうしたリノベーションやリフォームを行う際は、予め残っている内装をできるだけ利用するといったことが重要です。元から建物に付いている収納や家具を補修して再活用する事で、新たに什器や家具を入れるための出費を抑えることが可能です。また、水まわりなどや、電気の配線といった重要な部分のみを最新の物に交換することで、安全面でもトラブルを防ぐことができます。

しかし、年代が古い建物では、再利用することが難しいほど傷みが激しいものも多く、こういった場合には内装を全て作りなおす必要があります。こうした建物の内部を一旦空にし、、基礎や柱などのみが残った状態にする解体工事をスケルトン工事といい、基礎部分といった重要な部分以外はフラットな状態になっているのが特徴です。

このため、レイアウトや設計に制限を持たずに工事を行うことができるのがメリットとなっています。
こうした木造などの建物を解体工事をしてスケルトンにする際は、作業の費用にくわえて、廃材など廃棄物の処分代もかかるため、再利用する部分をどこまで残すかによってその単価は変わってきます。

そのため、こうした建物をリノベーションする際には、解体工事業者との詳細な打ち合わせが必要となります。また、解体工事業者だけでなく、内装や改装の施工を行う業者とも連携をとることで、無駄の無い施工計画を立てることができます。
特に給排水などの特殊設備に関する工事では単価が上がる要因となるため、どの程度再利用するかが重要となります。

解体費用や建て替え(2)

解体費用や建て替えとは?

店舗解体と内装解体について
店舗などを建て替える際、多くの方が新築の販売を取り扱っている業者に頼む傾向にあります。
その理由についてはさまざまですが、「馴染みのあるメーカーなら安心して任せられる」といった声や、「わざわざ専門の業者を探すのが面倒」、といった声もあります。
しかし、工務店やハウスメーカーなどに解体の工事を依頼しても、それを専門とする下請け業者などに改めて依頼するというかたちとなります。
そのため、手数料などの中間マージンが発生してしまい、自身が思っていた額よりも金額が高くなってしまう場合があるのです。
工務店やハウスメーカーなどを通して工事を依頼した場合、その手数料は一般的におよそ20パーセントから30パーセント程度といわれています。
現在、工事についてはおおよそ2万円から4万円程度が1坪または1平方メートルあたりの相場とされています。
この相場は解体に必要な費用のみの金額であり、これに廃材の処理にかかる金額、養成のための金額がプラスされます。
その他、道路の状態や周囲の建物との関係もあるため、工事内容によっても大きく左右されます。
実際にかかる詳しい金額を知りたい場合は、上記のように一般的とされている平均額を一応の目安とし、無料で見積もりを行っている専門の業者などに問合わせる必要があります。
見積もりを行う際は、ひとつの業者に限らず何社か選び、複数から行うことが勧められています。
これは理由のひとつとして、基準とする価格設定がそれぞれの業者によって違うためです。
また、見積りの段階では安く見せておき、解体工事後にさまざまな理由をつけて最終的には高額な料金を請求する、といった手口を行う悪徳業者もなかには存在します。
この場合、「契約書と内容が異なっている」という依頼主の主張は通りにくいとされています。
追加で発生した費用を支払われなかった際、業者側からは取り壊し証明書という書類が発行されません。
取り壊し証明書を提出できないと罰金、または裁判などで時間とお金を大きく消費することになってしまうため、このような悪徳業者に引っかからないよう注意が必要です。
また、工事内容がきちんとされていた場合でも、廃材の処分を正しく行わず、不法投棄をする業者も存在します。
解体工事にかかる総額のうち、およそ30パーセントから40パーセントが処理費となるため、不法投棄を行う業者が絶たず、現在も問題視されています。事実を知らなかったという言い分は通らず、依頼主も同罪とみなされる例が多くあげられていますので、慎重な業者選びが大切です。

店舗解体と内装解体について