店舗解体と内装解体について

店舗の解体費用

店舗の解体費用について

店舗解体と内装解体について
店舗の解体は、借用をしていた物件を間仕切り等の内装を撤去して借用前の状態に戻す方法と、部屋の内装を全て解体するスケルトンという方法があります。
借用している店舗を明け渡す際には大体現状回復と言って借用前の状態に直す事が必要になりますが、借用前はどのような状態だったかによって解体の種類も変わります。
床や壁紙、証明がついた状態で借用し、借用後に壁の色を替えたり、間取りの変更をしたりしていれば、スケルトンの後にリフォーム工事をする必要があります。
また、借用した時に壁紙も床も何もなく、コンクリート等がむき出しの状態で借用したのであれば、スケルトン仕様ですので、内装を取り壊すだけで済みます。
この、現状回復や、スケルトンの工事は、すべてを取り壊す家屋解体と違ってある程度のテクニックが必要になります。
家屋ですと、大体の内装は人の手で取りこわし、そのあとは重機で外壁等を解体します。
しかし、店舗は現状回復をしなければならない為、取り壊しをする際にも回復がきちんとできる状態をキープする必要が出てきます。
全てを取り壊しても良い家屋とは違うので、建物の知識や現状の確認も必要になります。
解体の費用ですが、どのように使用をしていたかによって金額が変わってきます。飲食店とその他の店舗でも金額が変わります。
工事費は、基本工事費、処分費で構成されています。
基本工事費は解体をする費用で、焼肉店やラーメン店等といった、ダクトが多数取り付けてあったり、複雑な作りをしていれば割高になります。また、立地の環境でも費用は変動します。
飲食店では、カフェ等の簡単な作りの場合、基本工事費は約2300円~/㎡、処分費は約3200円/㎡、焼肉店の場合は基本工事費が約4000円~/㎡、処分費は約3800円/㎡となります。
物販や理美容などの飲食以外になりますと、物販等の簡単な作りですと基本工事費は約2300円~/㎡、処分費で約3000円~/㎡になります。理美容、エステ店などの複雑な作りでは、基本工事費は約3800円~/㎡、処分費は約3500円~㎡になります。
業者を選ぶ際の注意点は、使用していた用途や物件によっても専門知識が多岐にわたるので、豊富な経験を持つ業者を選ぶことです。また、解体工事を行うには都道府県の登録が必要になり、廃材の処分は産業廃棄物の収集運搬の許可が必要になります。これらの認可を得ているかを見ることも大切です。
また、見積は一式という風に書かれているものではなく、個別に費用を出しているものを提示してもらう事も重要になります。

 

店舗解体と内装解体について