店舗解体と内装解体について

解体費用や建て替え(1)

解体費用や建て替えについて

店舗解体と内装解体について
勘定科目とは簿記の財務諸表に使用する金額を表す科目の事で、資産や負債をさらに細かくしたものです。
勘定科目には様々に分かれており、資産の科目は現金、、貯金、小口現金、売掛金、有価証券に仮払金、長期貸与金や前払費用、家賃などの支払いが前月までに支払う事になっている場合のもので、立替金に消耗品などがあり、負債の科目には未払金、長期借入金に支払手形や預り金などがあります。
費用の科目には手形売却損、リース料、貸借料、雑費、旅費交通費や雑給、給料手当、地代家貸に寄付金、固定資産売却損、法人税等調整額や外注費などがあり、収益の科目では売上受け取り地代、有価証券評価益や雑益に受取手数料などで、資本の科目は資本金に資本準備金、繰越利益余剰金などがあります。
資産の現金はすぐにお金に変えられる通貨、当座貯金は小切手の支払いをする預金、現金貯金は当座貯金と現金を合わせた勘定科目で、受取手形は手形の満期日に代金をもらう権利、商品はお客さんに販売する品物で、繰越商品は時期に持ち越すような商品で、消耗品は業務に使う文房具やそういった品物の事をい言います。立替金は立て替えてあとで返却してもらう権利で、未収金は商品以外のものを売り後に代金を出してもらう権利で、仮払金は金額などがまだわからないものをいい、前払い利息は、末期の利息の支払いを冬季に支払っているという事で、前払費用は来季の支払いの費用を当期に支払っているという事で、備品は、机や事務に使う用品の事をいいます。
費用の仕入れは商品の仕入れ時にかかった費用の事をいい、旅費交通費は、電車の電車賃やバスの費用やタクシー代などに支払う交通日の事を言います。
このように勘定科目には様々な項目がありみあす。
解体による建物解体の場合は、解体や取り壊す建物を除却損に含める時には、建物の撤去を行うのが目的の場合はこの処理になり、建物のを取り壊す費用や資材の撤去にかかる費用は除却駅の一部になり固定資産除却損になります。
新規に建築を行う計画や予定がある場合は、前払費用の資産科目になり建物を建てた後は、取得価格に計上します。
建物の解体が修理の目的の場合は、現状の復旧なので、取り壊しにかかる費用は現状の復旧なので修繕費となります。
通常では修繕の場合は一部のみ解体を行い修繕を行いますが、同一の価値でなければならないので修繕時に様々な変化を加え資産的に価値があがるような事を行うと資産の取得になるので修繕費ではなくなります。

 

 

店舗解体と内装解体について